Top > 安全への取り組み > 安全への姿勢
安全への姿勢
 

”安全は熱意”

株式会社大勝は生命と健康そして人間性の尊重を守れる安全衛生活動を続け、安全の伝統を確立することが、当社の理念であり、社会の構成員である当社の企業存続の条件であると考えます。
この理念を現実のものとするためには、法令の順守はもとより、手順を守る、ルールを守るといった“たゆみない地道な努力”と障害を乗り越えていく“熱意”をもって立ち向かいます。そして安全のキーマンである安全衛生協力会会員とパートナーシップをつなぎ、理念を現実とします。

安全衛生方針

  1. 新リスクアセスメントを推進し、危険の未然防止を図る。
  2. 現場の安全衛生指導者である従業員の安全衛生教育の充実を図る。
  3. 安全のキーマンである職長を尊重するとともに、その責任と義務をともに果す。
  4. 生産活動の最先端である現場の作業環境を整備し、安全で効率の高い作業環境を目指す。
  5. 安全衛生協力会の自主運営を促し、安全衛生においても対等な立場のパートナーとして相互注意喚起できるコミュニケーションを確立する。

安全のコミュニケーション“DS通信”

DS通信

2008年10月にVol.1を発刊以来、毎月第一月曜日の発行を一度も欠かすことなく続けています。安全衛生に関する記事を中心に協力会とのコミュニケーションの掛け橋を支えています。

DS通信


安全衛生協力会

2003年に安全衛生協力会を再構築後、自主運営を目指し安全衛生に関する様々な活動を進めています。

ひと声かけ運動
安全
  • オリジナルポスターによる安全意識の啓蒙
  • 合同パトロール、安全部会パトロールの実施
  • 年次総会・安全大会、安全週間安全大会
  • 熱中症対策、防犯対策
  • 安全関係書類無料ダウンロード
  • 職長教育、特別教育、事業主研修

    大勝オリジナルポスター


表彰

建設事業無災害表彰(厚生労働省労働基準局長)建設事業無災害表彰(来夢の里)
安全
No表彰年月工事名無災害時間
1平成21年 9月特別養護老人ホーム新吉田新築工事130,923時間
2平成22年11月(仮称)大樹の郷特別養護老人ホーム新築工事147,897時間
3平成23年12月(仮称)小田原栄町マンション新築工事185,652時間
4平成23年12月(仮称)レーベンハイム大船川間町新築工事102,582時間
5平成24年 6月特別養護老人ホーム来夢の里新築工事117,018時間
6平成24年 1月クオス溝の口2レジデンス新築工事103,232時間
7平成24年 6月クオス横浜富岡新築工事124,616時間
8平成25年10月(仮称)クオス溝の口Ⅱ新築工事103,232時間
9平成25年 6月(仮称)クリオ横浜浅間町A新築工事158,848時間
10平成25年 4月日神パレステージ大森町新築工事326,824時間
11平成25年 6月リストレジデンス藤が丘A新築工事109,116時間
12平成26年12月(仮称)パテラ川崎堀之内新築工事107,672時間
13平成26年 6月(仮称)デュークガーデン富岡東新築工事124,616時間
14平成26年 6月(仮称)真金町2丁目計画新築工事70,672時間
15平成26年12月(仮称)クリオ溝の口新築工事73,048時間
16平成26年12月(仮称)クオス鷺沼新築工事88,784時間
17平成27年 4月(仮称)プレシス阪東橋新築工事60,888時間
18平成27年 7月(仮称)エルシードセンター北新築工事56,296時間
19平成27年 7月ユニバーサルハウス マリアの丘新築工事80,848時間
20平成28年 8月(仮称)パテラ稲城長沼新築工事47,464時間

※この一覧表には、表彰された直近の20件のみ掲載しています。